債務整理の一種の自己破産のメリットとデメリット

  • 債務整理の自己破産を弁護士に依頼するメリット

    • 多額の借金を抱えているときの解決方法として、自己破産のことを思い浮かべる人もいるでしょう。

      自己破産は債務整理の手続きのひとつとなるものですが、様々な債務整理については弁護士や司法書士に法律相談を行うことで手続きができます。



      弁護士などの法律の専門家に債務整理の依頼を行う大きなメリットとしては、債務者が借り入れを行っている金融業者に対して受任通知を発送できる点が挙げられます。



      受任通知を受け取った金融業者は、それ以降において取り立てを行うと違法行為となり、業務停止や罰金の処罰を受けることになります。



      そのために弁護士などに債務整理の依頼をすれば、厳しい金融業者からの取り立てを止めることが可能です。


      自己破産をはじめとして債務整理をするときには、借金や資産の内容の調査、手続きの申請を行うための書類作成のために、裁判所に足を運ぶ必要があります。債務者個人で手続きを進めたときには、これらの作業を行うために時間をかける必要がありますが、弁護士などの専門家に依頼をすることによって必要な手続きについて一任できます。



      また、東京地方裁判所では弁護士を代理人として立てることによって、即日面接が受けられるようになります。



      即日免責では自己破産を申し立てるときに、弁護士と裁判官の面接が行われますので、即日のうちに破産手続きを開始することが可能です。



      このためにスピーディに自己破産の手続きを進めることができる点も、弁護士に依頼をした際のメリットと言えます。


  • 関連リンク

    • 債務整理は個人がおこなうこともできますが、専門的な法律知識と多くの時間や労力を必要とするため、司法書士や弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。多くの法律事務所などが無料相談もおこなっており、比較的利用しやすい体制が整えられています。...

    • 貸金業者から多額の借り入れを行ったために、借金問題が発生している人の中には債務整理を行うことを検討している人も多いと考えられます。債務整理の代表的な手続きといえば自己破産ですが、自己破産はどのような流れによって行うのか知らない人も多いでしょう。...